Expression! Ambitious! アンテナ565!


by antenna565

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

LIVE
STUDIO
ANTENNA 565
VOCALOID
GEAR(BASS)
GEAR(PEDAL)
GEAR(AMP)
GEAR(STUDIO)
NEWS

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
クリエイター

画像一覧

Asobi #1

*solobass*

http://www.youtube.com/watch?v=A7tANnVF4J0

「ソロベース」という表現方法に魅了されて、はや数年が経ちましたが、未だに頭の中の音の100%を、スピーカーから鳴らす事は出来ていません。

バンド演奏と違い、お一人様で演奏するわけですから、その緊張感たるや、まるでクラシックピアノのコンテストのよう。ピアノは遊び程度にしか弾けませんが。。

ピアノに例えず、現実的なお話をしましょう。
指板を押えるタッチの強さは、そのままダイナミクスやフレットノイズのコントロールに繋がり、
弦をつま弾く角度や速さ、または親指を置く位置やリア寄り、フロント寄り、という弾く位置は、トーンのコントロールへ直接繋がります。
難しい事を言えば、弾いている姿勢、身体の角度やその瞬間の顔の表情、頭の揺れ方までもが、非常に繊細なニュアンスの再現に繋がってきます。
勿論楽器のセットアップも、非常に大切なファクターであり、「自分の手にベースが合う」というよりも、「自分の手にベースを合わせる」、なんかそんな感じの調整も大事なことです。

動画ではツーフィンガを殆ど使用していないのもこの為で、ソロベースでは普段のアンサンブルでは気にならない人差し指と中指のトーンの違いが出てしまいます。未熟さ故に。

これ程ストイックな世界は、おおよそアンサンブルでベースを弾いていても、なかなか体験できない、または気付くことの出来ない世界では無いでしょうか。
頭で構造やギミックは理解しているつもりでも、なかなか指に、スピーカーに、そして聞いてくださる方々には伝わりにくいもんです。

オチなし。
[PR]
by antenna565 | 2012-08-02 12:49 | ANTENNA 565